本拠でウォルフスブルク下す

ブンデスリーガ第5節最終日は9月24日に各地で5試合が行われ、とのヘルタ・ベルリンは本拠でウォルフスブルクを下し、今季初白星を挙げた。細貝、原口はともにフル出場した。

ヘルタ 1-0 ウォルフスブルク公式記録

今季ここまで2敗2分と未勝利のヘルタは、ホームでのこの一戦で何が何でも勝ち点3が欲しい。序盤から相手にボールを支配される展開となるが、決定的なチャンスは作らせずカウンターから機をうかがう。徐々に攻撃の手数を増やし始めると35分、先制に成功。右サイドでボールを奪ったヌジェングからのゴール前への折り返しに、カルーが頭で合わせて1-0とした。後半は間延びした展開が続き、どちらも好機を作り出せないまま時間が経過していく。70分、再びカルーが好機を迎えるが、ここはウォルフスブルク守護神ベナーリオのファインセーブに阻まれる。終盤は相手の攻撃を受け守備に追われたものの、1点を守り切ったヘルタが今季初勝利を挙げた。

ドルトムント対シュトゥットガルトの試合記事へ
第5節最終日の結果一覧
原口、細貝試合後インタビューへ