長谷部と乾のフランクフルトMF

との所属するアイントラハト・フランクフルトは9月17日、MFシュテファン・アイクナーが契約を早期に延長したと発表した。新たな契約期間は2018年6月30日まで。

アイクナーは2012/13シーズンに1860ミュンヘンからフランクフルトへ移籍。以来、ブンデスリーガ62試合に出場し13得点、UEFA欧州リーグ(EL)では7試合で1得点、DFB杯では12試合に出場し4得点を挙げている。契約延長に関しては「フランクフルトとの契約を早期に4年間延長できたことをうれしく思う。この2年はとてもうまくいったし、ELでの結果やポジティブな意味でクレイジーなうちのファンを忘れることはこれからもないだろうね」と語っている。