右ひざじん帯を損傷

8月31日、とのアイントラハト・フランクフルトに今季移籍したFWネルソン・バルデスが30日に行われたウォルフスブルク戦で右ひざのじん帯を損傷したことが明らかになった。約半年間チームを離脱すると見られている。

バルデスはブンデスリーガ第2節ウォルフスブルク戦でひざを負傷し、56分に途中交代となっていた。シャーフ監督は「早く復帰できるようにみんなでサポートしたい。クラブ全体のサポートを受けられると確信している」とコメントしている。