ノベスキは数週間離脱、朴は太もも筋肉に痛み

マインツは8月25日、主将ニコルチェ・ノベスキと朴柱昊(パク・チュホ)の両DFが前日24日のブンデスリーガ開幕節パーダーボルン戦で負傷していたことを明らかにした。

ノベスキは試合途中に左ひざを痛めて52分に交代。今後数週間離脱するが手術の必要はない。朴はフル出場したが、太ももの筋肉を痛めたためこの日の練習には不参加となった。