長谷部、乾そろって先発

ブンデスリーガ第1節2日目は8月23日、ドイツ各地で行われ、とのアイントラハト・フランクフルトは本拠でフライブルクを1-0で下した。長谷部は守備的MFでフル出場した。乾はトップ下で先発、68分までプレーした。

フランクフルト 1-0 フライブルク公式記録

フランクフルトは試合序盤、しっかりとスペースを狭めて守備をしながらカウンターの好機を待つ。14分、乾が前方に出したパスが起点となり、セフェロビッチが決めて先制する。乾がうまく周りにパスを出し攻撃に勢いをつける場面が目立ち、ボールの保持率は低いが相手の隙を狙って効率よく好機を作り出すが前半は追加点が奪えないまま終了する。47分、乾が華麗なパス回しからシュートのチャンス、しかしこれは当たりが悪くゴール右に外れる。長谷部はしっかりと相手の攻撃をブロックし、チームを落ち着かせる。79分にはジャクパの鋭いCKが直接ゴールに吸い込まれそうになるが追加点はならず。それでも1点を守り切って開幕戦を白星で飾った。

第1節2日目の結果一覧
ヘルタ対ブレーメンの記事