ドルトムント、開幕節レーバークーゼン戦

ドルトムントは8月22日、開幕節レーバークーゼン戦をマッツ・フメルス、アドリアン・ラモスの両選手が欠場することを明らかにした。

今夏ヘルタ・ベルリンから移籍したラモスは16日のDFB杯1回戦シュトゥットガルト・キッカーズ戦で内側じん帯を負傷していた。フメルスはW杯出場によってチーム合流が遅れ、いまだ完全回復していないため。すでにヌリ・シャヒン、イルカイ・ギュンドアン、マーセル・シュメルツァー、ヤクブ・ブワシュチコフスキ、オリバー・キルヒ、池東ウォン(チ・ドンウォン)の欠場が確定しており、エリック・ドゥルムも風邪のため出場が微妙となっている。