右ひざ半月板の治療受け4~6週間離脱

とが所属するアイントラハト・フランクフルトは8月18日、MFシュテファン・アイクナーが右ひざ痛のため4~6週間離脱すると発表した。

アイクナーは関節鏡による外側半月板の治療を受けた。今週中にも個人トレーニングを開始し、4~6週間後に復帰が可能だという。