強化試合グラナダ戦、大迫はトップ下で先発

との所属するケルンは8月8日、グラナダ(スペイン)との強化試合に0-1で敗れた。大迫は4-2-3-1のトップ下で先発出場した。

序盤から巧みなパスワークで好機を作り出すケルンだが、決定力に欠け得点には結びつけられない。0-0で折り返すと後半、シュテーガー監督は4選手を入れ替える。51分、PKで先制点を献上するとなんとか追いつこうと猛攻を仕掛けるが、ゴールは奪えず。1点差での敗戦を喫した。