ハンブルガーSVと2018年まで契約

ハンブルガーSVは8月6日、昨シーズンとともにマインツで活躍したMFニコライ・ミュラーを獲得し、入団会見を行った。契約は2018年までの4年間で、背番号は27。

前日5日にメディカルチェックおよび契約書へのサインを終えたミュラーについて、バイヤースドーファーCEOは「ここ何年かで伸びてきた、常により高いレベルを目指す心構えのある選手。我々ハンブルクも一歩一歩成長していくのが目標であり、そのコンセプトに合っていた。攻撃面での多彩性、テンポと得点力はチームの助けになる」と賛辞を述べた。

ミュラーは2007年にブンデスリーガ2部フュルトでプロデビュー。2008/09シーズンは当時3部リーグのザントハウゼンに期限付き移籍したが、翌シーズン復帰するとチームの柱となった。その後マインツへ移籍し、2011年8月にブンデスリーガデビューを果たすと、当時監督だったトーマス・トゥヘル氏の下で主力選手に成長。昨年5月にはドイツ代表デビューも飾った。昨季は26試合出場で9得点3アシストを記録、公式戦通算では90試合で23得点14アシストをマークしている。