左腰痛め2次合宿を早期離脱

とが所属するケルンは7月30日、FWパトリック・ヘルメス(30)の離脱を明らかにした。ヘルメスは1次合宿で太もも肉離れを負い、完治後に参加したチーム練習で左腰に痛みを訴え、昨日30日に診察を受けるため2次合宿中のチームを離れていた。手術は受けずに治療するという。

ケルンは8月23日のブンデスリーガ開幕節でハンブルガーSVと対戦するが、出場可否は回復具合を見て決めることになる。