右ひざ内側じん帯を損傷

の所属するは7月22日、MFヤン・キルヒホフが右ひざ内側じん帯損傷のため数日間離脱すると発表した。

シャルケは21日に合宿地のグラッサウに到着したばかり。キルヒホフは最初の練習で負傷し、午後にはミュンヘンでMRI検査を受けた。また内田(ひざの痛み)とレオン・ゴレツカ(筋肉の痛み)の2人もチーム練習には参加せず、個人メニューをこなしている。

ケラー監督は「内田とゴレツカがチーム練習へ参加できなくても、合宿に参加していることは大切なことだ」と話し、「合宿では戦術的なことにも言及するし、またグラッサウではチームビルディングも重要なテーマの1つ」と付け加えた。