アイントラハト・フランクフルトが5月にトーマス・シャーフ監督の招へいを発表したことは、多くの関係者にとって思いがけない驚きのニュースとなった。しかしよく考えてみれば「謙虚なシャーフ監督と堅実なフランクフルト」、相性のいい組合せといえるかも知れない。ブンデスリーガ公式サイトによるインタビュー第1回では、ブレーメンの監督辞任から1年の空白期間について、ブンデスリーガ監督復帰の動機、そしてフランクフルトを選んだ理由について紹介する。

――5月にフランクフルトとの契約が発表されるまでの約1年間、シャーフ監督がどこで何をしているのかほとんど情報がありませんでした。

シャーフ監督 そうですね。ブレーメンの監督を辞めてからは、あちこちに顔を出して進退などについて答えずに済むよう、完全にメディアの世界から遠ざかっていました。あえて自分から出ていかなくても、メディア側は何かしら話題を見つけるものですし。それでいいと思っていました。

――XXXXXXXXXXXX

シャーフ監督 XXXXXXXXX

――XXXXXXXXXXXX

シャーフ監督 XXXXXXXXX

――XXXXXXXXXXXX

シャーフ監督 XXXXXXXXX

――XXXXXXXXXXXX

シャーフ監督 XXXXXXXXX