内田のシャルケ、約8カ月ぶりの復帰

日本代表DFが所属するシャルケのDFデニス・アオゴが7月8日、チーム練習へ復帰した。

アオゴは右ひざ十字じん帯断裂と内側じん帯断裂により、約8カ月の欠場を余儀なくされていた。スポーツ・広報担当取締役のヘルト氏は「アオゴはやるべきことはすべてやった。もう問題はない」と説明した。

アオゴはハンブルガーSVから期限付き移籍中だった昨年11月、練習中に負傷。しかしシャルケは長期離脱という状況にもかかわらず、アオゴと2017年6月30日までの完全移籍の契約を結んだ。