バイエルンの開幕戦相手はウォルフスブルク

ドイツサッカーリーグ(DFL)は6月24日、2014/15シーズンのブンデスリーガ、ブンデスリーガ2部の全34節延べ612試合の組合せを発表した。

8月22日(金)20時30分(ドイツ時間)に1試合だけ行われるブンデスリーガのシーズン開幕戦では、2013/14シーズンの覇者バイエルン・ミュンヘンが、本拠地アリアンツ・アレーナにウォルフスブルクを迎える。残りの8試合は23日(土)、24日(日)に行われ、ハノーファー対シャルケで内田篤人と酒井宏樹による日本代表SB対決が実現。また大迫勇也と長澤和輝を擁し、新シーズンからブンデスリーガに復帰するケルンのハンブルガーSV戦も、注目のカードに数えられるだろう。

前半戦のハイライトとしては、毎回熱戦となるシャルケとドルトムントによるルールダービー、そしてブンデスリーガの2強が直接対決する第10節のバイエルン対ドルトムントが挙げられる。ブンデスリーガ2部は1部よりも3週間早い8月1日(金)に、デュッセルドルフ対ブラウンシュバイクの一戦で開幕を迎える。