バイエルン主将とMF

バイエルンは6月11日、ドイツ代表DFの主将フィリップ・ラーム(30)と同MFトーマス・ミュラー(24)がクラブとの契約を、それぞれ2018年6月30日と2019年6月30日まで延長したと発表した。

カールハインツ・ルンメニゲ社長は「ラームもミュラーもバイエルンにとって非常に重要な基盤となる選手。どちらも選手としてのキャリアが始まったときからクラブに尽くしてきたし、今後も大切な役割を演じるだろう。2人がバイエルンを選んでくれて幸せだよ」と心境を明かした。

ラームは契約延長について「クラブも僕のマネジメントも、根本的には両サイドにとって契約延長はいいことだという結論になったんだ。基本的にこれは僕の最後の契約で、バイエルンでキャリアを終えることになると思う。いつもそれが僕の望みでもあった。とてもうれしいし幸せだ」と語っている。

ミュラーも「W杯開幕直前にバイエルンとの契約を2019年あで延長して幸せ。クラブ幹部といい話し合いの場を持てたし、僕がここにいることは正しいことだと示唆してくれて、クラブのプランの中心にいることができていると感じた。2000年からバイエルンは僕のクラブであって、これからもそれは変わらない」と喜んだ。