W杯ブラジル大会公式球「ブラズーカ」がベース

スポーツ用品メーカーのアディダスは5月10日、2014/15シーズンのブンデスリーガおよびブンデスリーガ2部で使用される試合球を公表した。

新モデルはW杯ブラジル大会公式球「ブラズーカ」をベースとしており、6枚のパネルによる相対的な表面がより飛びやすい構造を作り出している。公式球はFIFA公認で、試作段階でのアディダスによる基準はFIFAのものより厳しいものとなった。

あらゆる使用条件に対応し、積雪時にもプレーを可能にするために、派手な色の冬季用ボールも用意されている。