2015年6月30日まで

バイエルンは5月27日、来月末までだったFWクラウディオ・ピサロ(35)との契約を1年間延長し、2015年6月30日までとしたことを発表した。

カールハインツ・ルンメニゲ社長は延長の理由について「クラウディオは今季も、チームにとってどれほど大切で得点力のある選手であるかを証明した。引き続き彼の高いパフォーマンスを計算に入れられることは喜ばしい」と語った。

ピサロは「来季もバイエルンでプレーできることを誇りに思う。僕にとって世界中でここよりいいチームなんてないからね」と喜びのコメントをしている。