ニュルンベルクの32歳、ブンデスリーガ合計160試合出場

アウクスブルクは5月26日、日本代表MFと同MFが所属するニュルンベルクのMF(32)を獲得したと発表した。契約は来季から2016年6月30日まで。

フォイルナーは契約後「アウクスブルクは昨年落ち着いた雰囲気と素晴らしいサポーターによって、大きな成長を遂げた。そのクラブが自分に興味を示してくれたことと、さらにブンデスリーガ1部でプレーが続行できることをとても喜んでいる」と心の内を明かした。フォイルナーはこれまでにニュルンベルク、マインツ、ケルン、ドルトムント、バイエルンに所属し、合計160試合に出場している。

スポーツ担当取締役のロイター氏は「フォイルナーがブンデスリーガでの豊富な経験を生かして、アウクスブルクの長期的に1部に定着するという目標へ向かって、必ずや貢献してくれると確信している」と喜びを表した。