日本代表FW岡崎のマインツ

日本代表FWが所属するマインツは5月19日、クラブハウスにてカスパー・ヒュルマンド新監督の就任を正式発表した。

ヒュルマンド新監督は「今回ブンデスリーガの一員になり、またその選手たちと一緒に働けることをうれしく思う。これは私にとって大きな挑戦。これから毎日ハードに仕事をこなし、自分にのしかかってくるであろう重圧のことはあまり考えないようにしたい。ブンデスリーガはまめに見ていたが、まさか私に声がかかるとは想像もしていなかった」と語り、さらに「95%も98%も好きではない。選手にはいつも100%を期待する」と厳しい姿勢を見せた。

マインツはブンデスリーガ最終節翌日の12日にトーマス・トゥヘル前監督の辞任を明らかにしていた。2017年夏までの3年契約を交わしたデンマーク人のヒュルマンド氏は、先週末までデンマーク1部リーグのFCノアシェランで指揮を執っており、2012年にはチームをリーグ優勝および欧州チャンピオンズリーグ出場権の獲得に導いた実績を持つ。