ブンデスリーガのプロモーションおよびソーシャルプロジェクト目的

ブンデスリーガのプロモーションおよびソーシャルプロジェクトのためにインドを訪れているホッフェンハイムは5月15日、SAPの支援を受ける学校教育機関支援、そして年間約50万人の貧困層の医療サポートのためカルカッタを訪問した。

マークス・ギスドル監督、クラブのプロサッカー部長アレクサンダー・ローゼン氏、アシスタントコーチのフランク・カスパリ氏、MFトビアス・シュトローブルとジョーゼフクロード・ギャウがカルカッタからムンバイを経由してゴアへ行った。土曜日には子供のためのサッカーキャンプを訪れる。