ブンデスリーガ入れ替え戦第1戦でフュルトと引き分け

ブンデスリーガ2013/14シーズンの入れ替え戦第1戦は5月15日に行われ、ブンデスリーガ16位ハンブルガーSVは本拠で同2部3位フュルトと対戦し、引き分けた。

ハンブルク 0-0 フュルト


クラブ史上初の降格という不名誉な事態は何としても避けたいハンブルクだが、守護神アードラーが腰を痛めて欠場という不安要素を抱えてこの一戦を迎えた。前半最初の絶好機を作り出したのはフュルト。シュティーバーのスルーパスがエリア内のアゼミに通るも、シュートはGKドロブニーに防がれる。しかしこれで獲得したCKから再びチャンスを迎えたフュルトが攻勢に出ると、ボールを支配し始める。ハンブルクも必死の守りで得点は許さないが、反撃はできず。どちらも無得点で前半終了となった。

両者ともに交代はなく開始した後半も、まずはフュルトがCKから得点機を迎える。しかしギーセルマンのヘディングシュートは惜しくもポスト右へ。直後にもババが絶好のクロスを上げるが、飛び込んだジュルジッチはわずかにタイミングが合わない。防戦一方に追い込まれるハンブルクは65分、ようやくこの試合で初めてのチャンスを作り出す。ヤンセン、ファンデアファートとつないだボールをラソッガが頭で合わせたが、GKヘスルにキャッチされた。68分にはFKからハンブルク先制かと思われたが、オフサイドの判定でノーゴール。これ以降はどちらも見せ場を作ることができず、スコアレスドローに終わった。

第2戦は18日(日)17時(日本時間24時)からフュルトの本拠地トロリ・アレーナで行われる。