2013/14シーズン17得点のスイス代表FW

レーバークーゼンは5月12日、ブラジル人SBのベンデルおよび2部降格が決まったニュルンベルクからFWを獲得したと発表した。

ドリミッチの契約は来季から2019年6月30日まで。スポーツディレクターのフェラー氏は「ドリミッチがうちと長期契約を結んでくれたことをうれしく思っている。彼のような選手はチームに新たな攻撃のオプションを与えてくれる。速いし、1対1にも強く、センターフォワードとしてだけでなくサイドアタッカーとしてもプレーすることができる」と喜びを表した。

10日にニュルンベルクで2部降格を味わったばかりのドリミッチは「こういう形でクラブを去らなければならないのはとても残念。シーズンは悲しい結末となってしまったが、このクラブで過ごした時間はとてもいいものだった。これからはレーバークーゼンでブンデスリーガ上位を目指し、8月のチャンピオンズリーグ予選では本大会へ出場できるよう頑張りたい」と新シーズンにかける意気込みを語った。