1部昇格はクラブ史上初

ブンデスリーガ2部最終節は5月11日、各地で9試合が行われ、アーレンを下して2位を守ったパーダーボルンが来季での1部昇格を決めた。

パーダーボルンがブンデスリーガに昇格するのは、クラブ史上初めて。今季は前半戦を6勝6敗5分の9位で終えたが、後半戦は12勝2敗3分でリーグトップの成績を挙げた。第33節の終了時点で3位フュルトと勝ち点2差だったため、自動昇格もしくは入れ替え戦参加の決定は最終節まで持ち越されたが、アーレンを2-1で下して危なげなく2位を守った。