フォイルナーとペトラック

日本代表MFと同代表MFが所属するニュルンベルクは5月6日、MFマークス・フォイルナーとMFオンドレー・ペトラックがチーム練習へ復帰したと発表した。

フォイルナーは太もものけがから、ペトラックは足首のけがからそれぞれ回復し、シャルケとの最終節出場を目指す。ニュルンベルクは自動降格圏の17位で、入れ替え戦出場となる16位のハンブルガーSVとの勝ち点差は1。DFハビエル・ピノラ、DFティモシー・チャンドラー、DFマービン・プラッテンハートの主力3選手が警告累積で欠場が決まっている状況で朗報となった。