38年半ぶりの最年少記録更新

日本代表DFが所属するシャルケのMF(20)が5月3日、第33節のフライブルク戦で記念すべきブンデスリーガ100試合出場を達成し、同時に38年半ぶりに最年少記録を更新した。

ドラクスラーは2011年1月15日、17歳の若さでブンデスリーガ・デビューを果たして以来、20歳と225日で記念すべきブンデスリーガ100試合目を迎えた。これによりかつてアイントラハト・フランクフルトなどで活躍したカールハインツ・ケルベルが1975年11月29日に樹立した、20歳と363日という記録が38年半ぶりに大幅に塗り替えられた。

若くして100試合出場を果たした選手で、代表的な例としては3位オラフ・トーン(当時21.12歳)、9位ベルティ・フォクツ(21.36)、1 4位ローター・マテウス(21.49)、15位メスト・エジル(21.54、現FCアーセナル)、16位ヌリ・シャヒン(21.57、現ドルトムント)、20位ジョエル・マティプ(21.60、現シャルケ)らが挙げられる。