クライン、ザルツブルクの27歳

日本代表DFが所属するシュトゥットガルトは5月6日、ザルツブルクのDFフロリアン・クライン(27)を獲得したと発表した。契約は来季から2017年まで。

スポーツディレクターのボビッチ氏は「クラインはオーストリア・ブンデスリーガで200試合以上に出場した経験豊かな選手。さらに欧州リーグやオーストリア代表での国際経験も持ち合わせている。クラインがうちのチームに早く溶け込み、右サイドで活躍してくれることを確信している」と語った。

主に右サイドバックとしてプレーするクラインは「ドイツのブンデスリーガは、世界最高峰のリーグに数えられる。シュトゥットガルトのような歴史あるクラブで、来季からプレーできることをとてもうれしく思っている」と意気込みを語った。

新たな右SBの加入により、今シーズン左右両サイドで出場した酒井は、来季から左サイドが主戦場になると予想される。