シュトゥットガルトのオーストリア代表FW

日本代表DFが所属するシュトゥットガルトは5月3日、オーストリア代表FWマーティン・ハーニクが5日(月)に肩の手術を受けると発表した。

この日行われたブンデスリーガ第33節ウォルフスブルク戦に敗れたシュトゥットガルトだが、ハンブルクがバイエルンに負けたため残留が決まった。ハーニクはこの試合に肩の脱臼をおして左MFでフル出場。シーズン終盤の残留争いにおいて、多くの得点を挙げてチームに貢献した。

月曜の術後は約6週間の安静が必要となるため、最終節バイエルン戦(10日)は欠場となる。