ブンデスリーガのプロモーション、社会的プロジェクトのため

ホッフェンハイムは5月2日、今季終了後の11日~19日にインドを訪問すると発表した。

主な目的はブンデスリーガのプロモーションのほか、今後も継続可能となるソーシャルプロジェクトにある。メインスポンサーであるSAPとの提携によって、カルカッタ、ゴア、アイザウルで学校などを訪ねる。また、13日にはアイザウルでミゾラム州選抜チームと親善試合を行う。