シャルケは3位堅守へフライブルク戦

ブンデスリーガ第33節は5月3日に行われ、日本代表DFが所属するシュトゥットガルト、同MFおよび同MFのニュルンベルクが渦中にある残留争い4試合、また同FWのマインツが敵地でメンヘングラートバッハと対戦するほか、下記の4試合が各地で行われる。

ブレーメン - ヘルタ・ベルリン


日本代表MF のヘルタは敵地でブレーメンと対戦する。前節、ヘルタは後半戦初の本拠白星を挙げ、10試合ぶりに勝ち点3を獲得した。今季前半戦は、昇格組としては驚くべき快進撃を見せ6位で折り返したが、後半戦から不振に陥ると順位も10位まで落としてしまった。一時は目標としていた来季欧州リーグ(EL)予選出場権獲得も手の届かないところへ。せめて最終2節で勝ち点を積み重ね、一つでも順位浮上を狙う。細貝はボランチでの先発がほぼ確実。

対するブレーメンは前節でようやく残留が確定したが、順位は14位に転落。11位のアイントラハト・フランクフルトからブレーメンまで4チームが同勝ち点で並んでおり、少しでも上の順位につけ来季へつなげるためには、残り2試合もきっちりと勝ち切りたいところだ。過去の両者の対戦成績はブレーメンが31勝19敗11分と勝ち越している。最終戦では強豪ドルトムントと戦うヘルタ。今節でなんとか勝ち点3を取って最終節を迎えたい。

フライブルク - シャルケ


日本代表DFが所属するシャルケは、敵地でフライブルクと対戦する。前節でメンヘングラートバッハとの上位決戦に敗れたシャルケは現在、欧州チャンピオンズリーグ(CL)本大会出場権を獲得できる3位につけている。CL予選からの出場となる4位レーバークーゼンとの勝ち点差はわずか3。他チームの結果にも左右されるが、この試合に勝てば順位確定に近づくだけに落とせない一戦だ。今節の相手フライブルクは長い間下位に沈んでいたが、シーズン終盤になって急激に盛り返し、前節で残留が確定した。しかし今季のチーム状況からいっても、シャルケの勝利は堅いと思われる。リハビリ中の内田はこの試合も欠場となる。

アイントラハト・フランクフルト - レーバークーゼン


MFのフランクフルトは、本拠に上位レーバークーゼンを迎える。やはり前節で残留確定となったフランクフルトは11位に浮上。順位的にはこれ以上の上昇の望みは薄いが、上位相手に意地を見せられるかに注目だ。先週末にはMFバルネッタの離脱が明らかにされており、このところメンバー外が続いている乾にとっては今シーズン最後のチャンスかもしれない。

4位のレーバークーゼンは、CL本大会出場となる3位の座を虎視眈々と狙う。その3位シャルケとは勝ち点3差。得失点差ではレーバークーゼンが1ポイント上回っているが、浮上のためには残り2試合では勝ち点3獲得が義務づけられる。

ドルトムント - ホッフェンハイム


第32節で今季2位が確定したドルトムントは、本拠にホッフェンハイムを迎える。昨シーズンの最終節と同カードとなるこの試合、得点力を誇るチーム同士の対戦とあってゴール量産が期待できそうだ。昨季は降格危機にあったホッフェンハイムが、最終節でドルトムントから大金星を挙げて入れ替え戦への切符を手にするというドラマが生まれた。今季後半戦はどちらも好調で、特にドルトムントは7戦負けなし。しかしホッフェンハイムも王者バイエルンの連続負けなし記録を止めるなど、読めない強さを発揮している。昨季最終節の再現となる可能性もあるかもしれない。


スコア速報へ(日本時間3日22時30分~)