元ドイツ代表FW、今季限りで退団

日本代表FWが所属する1860ミュンヘンは4月29日、FWベンヤミン・ラオトが今季限りで退団すると発表した。

スポーツディレクターのポシュナー氏は「夏にチームを一新したい」と、契約を延長しない理由を説明した。ラオトは1860ミュンヘンで、クラブ歴代最多となる84得点を記録。これまでブンデスリーガでは61試合、ブンデスリーガ2部では186試合に出場しており、ドイツ代表でも5試合に出場した。