第33節の各大会出場権および残留確定条件は?

今季ブンデスリーガもあと2試合。欧州チャンピオンズリーグ(CL)、欧州リーグ(EL)それぞれの出場権争いや残留をかけた戦いもいよいよ大詰めとなった。第33節での各大会出場権獲得や残留確定への条件を以下に紹介。

首位


・ バイエルンの優勝はすでに第27節で確定している

2位


第32節でドルトムントの2位が確定した

欧州チャンピオンズリーグ(CL)本大会出場権(3位)


・ シャルケは第33節で3位の座を確定できる唯一のチーム
・ シャルケがフライブルク戦に勝ち、レーバークーゼンがフランクフルト戦に勝たなければ、3位確定となる
・ シャルケが引き分けても、レーバークーゼンが負けてウォルフスブルクがシュトゥットガルトに勝たなければシャルケの3位が決まる
・ フライブルクに敗れた場合、シャルケは他クラブの結果と関係なく最終節まで3位の座を争うことになる。今のところ、メンヘングラートバッハにもチャンスは残されているが、メンヘングラートバッハが勝利しシャルケが敗戦の場合のみ

欧州チャンピオンズリーグ(CL)プレーオフ出場権(4位)


・ シャルケは勝てば少なくともCLプレーオフ出場権は確実となる
・ レーバークーゼンが敗戦もしくはウォルフスブルクが勝たない場合、シャルケは引き分けで4位以内確定
・ レーバークーゼンは勝ち点3を獲得しさらにウォルフスブルクが敗れ、メンヘングラートバッハが勝たなければ4位位以内が確定する
・ マインツは今節で勝利しさらにレーバークーゼンとウォルフスブルクが勝たなければ、4位浮上の可能性が残されている

欧州リーグ(EL)出場権(5~7位)


・ 上位5チームはEL出場権が確約されている
・ メンヘングラートバッハはほぼ確実に出場権を手中に収めている。アウクスブルクに勝ち点6差および得失点差で18点上回っているが、100%確定ではない。今節で引き分ける、もしくはアウクスブルクが勝たなければ確定する
・ マインツは現在7位。第33節で勝利するかアウクスブルクが負ける、もしくはマインツが引き分け以上でアウクスブルクが勝たなければEL出場権が確定する

残留争い


・ 14位ブレーメンまでは残留が確定している
・ シュトゥットガルトはウォルフスブルクに勝てば残留確定。引き分けた場合、最低でも直接降格は避けられる。ハンブルガーSVが勝たなければ、引き分けでも残留が決まる
・ シュトゥットガルトは敗れても、ハンブルクとニュルンベルクの両チームが勝たなければ残留となる
・ 第33節では、ハンブルクがバイエルンに勝てば最低でも1チーム(もしくは2チーム)の降格が決まる。この場合、ニュルンベルクはハノーファーに負ければ残留できない。ハンブルク勝利の場合、ブラウンシュバイクは勝たなければ降格となる
・ シュトゥットガルトとハンブルクが勝つと、ハンブルクの入れ替え戦、ブラウンシュバイクとニュルンベルクの降格が決定