第33節ニュルンベルク戦は欠場の可能性も

日本代表DFが所属するハノーファーは4月27日、右太ももを痛めていたFWディディエ・ヤコナンがMRI検査の結果、軽度の肉離れと診断されたことを明らかにした。

ヤコナンは25日の第32節シュトゥットガルト戦に先発したが、40分に負傷交代していた。5月3日の第33節ニュルンベルク戦に出場できるかはわかっていない。