5試合から4試合へ

ドイツサッカー連盟(DFB)のスポーツ裁判所は4月23日、日本代表DFが所属するハノーファーのMFアンドレ・ホフマンの出場停止期間を4試合に短縮することを決めた。

ホフマンは第29節ブラウンシュバイク戦で危険なファウルにより一発退場となり、さらに5試合の出場停止処分が課せられていた。しかしホフマンの異議申し立てを受け、スポーツ裁判所が23日に再審議を行うこととなり、その結果出場停止期間の短縮が認められた。