内転筋断裂

ドルトムントは4月22日、主将のMFが全治2週間の内転筋断裂と診断されたことを明らかにした。

ケールはこのけがにより、少なくともレーバークーゼン戦とホッフェンハイム戦を欠場することになる。今季は後半戦の14試合中12試合に出場しており、さらにDFB杯の4試合、チャンピオンズリーグの5試合にも出場した。