出場停止期間の短縮求める

ドイツサッカー連盟(DFB)のスポーツ裁判所は4月22日、日本代表DFが所属するハノーファーのMF(21)に課された出場停止処分期間について、23日に再審議することを発表した。

ホフマンは第29節ブラウンシュバイク戦の62分、危険なファウルにより一発退場となっていたが、その後決定された5試合の出場停止処分について異議を申し立てていた。