太ももの肉離れ再発

日本代表MFが所属するヘルタ・ベルリンは4月19日、主将ファビアン・ルステンベルガーが太ももの肉離れのため今季絶望となったことを明らかにした。

ルステンベルガーは2月上旬から太ももの肉離れのため戦列を離れていたが、19日の第31節アウクスブルク戦で先発復帰する予定だった。しかし試合直前のウォーミングアップ中に同箇所を痛め、直後の検査で肉離れを再発し、今季中の復帰は不可能だろうとの診断が下された。