第30節ドルトムント戦で一発退場

ドイツサッカー連盟(DFB)のスポーツ裁判所は4月14日、バイエルンのDFラフィーニャを3試合の出場停止処分とすることを発表した。

ラフィーニャは第30節ドルトムント戦の後半ロスタイム、ドルトムントMFミキタリヤンの顔をつかみ、一発退場となっていた。こえrによって、今季出場できるのは最終節シュトゥットガルト戦のみとなった。