ブンデスリーガ第30節は4月11日開幕

ブンデスリーガ第30節は4月11日、日本代表DF内田篤人の所属するシャルケとMF乾貴士のアイントラハト・フランクフルトによる一戦で幕を開ける。

シャルケ 対 フランクフルト


前節を終えて3位につけるシャルケは、同2位のドルトムントとは勝ち点3差。いずれにせよ、すでにシーズン目標である来季欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できる順位には位置している。このまま勝ち点を積み重ねて4位以下との差を広げていけば、おのずと2位浮上も見えてくる状況だ。後半戦に入ってからは12試合でバイエルンに1敗を喫したのみと、絶好調を維持している。

今節戦うフランクフルトには直近のホーム10戦で負けなしと、得意な相手。前半戦の同カードでは、2-0でリードしたシャルケが逆転弾を喫し、終了間際にかろうじて追いつくと3-3で引き分けるという、なんとも後味の悪い戦いぶりを見せた。この試合ではしっかりと勝ち点を取りきりたい。9日にはFWフンテラーとMFドラクスラーがそれぞれアキレス腱、ふくらはぎを痛めて練習を途中で切り上げるというアクシデントがあり、ドラクスラーの出場は微妙な状態となっている。リハビリ中の内田は引き続き欠場する。

フランクフルトは後半戦6勝4敗2分と、低迷した前半戦と比較すれば本来の調子を取り戻しつつある。残留もほぼ確実となり、上位シャルケが相手であろうと勝ち点を獲得し少しでも上の順位を目指す。チーム内で現在、特に好調なのがFWホセル。ここ5試合で5得点と、攻撃陣をけん引する。また、DFユングは6アシストを記録しており、守備のみならずゴール前でも頼りになる存在となっている。直近7試合で勝ち点13を稼ぐフランクフルトが、強敵相手にどのような戦いぶりを見せるか、注目の一戦。前節マインツ戦でベンチ外となった乾は、この試合も先発を外れることが濃厚だ。

スコア速報へ