今季終了までレバンドフスキ氏が指揮

レーバークーゼンは4月5日、サミ・ヒピエ監督の解任を発表した。前日4日に行われたブンデスリーガ第29節ハンブルガーSV戦で降格圏の相手に1-2で敗れ、同氏の指揮下では欧州チャンピオンズリーグおよび欧州リーグ出場権獲得圏内の6位以上は難しいとの判断が下された。今季終了までは下部組織で監督を務めるザーシャ・レバンドフスキ氏が指揮を執る。