ホームでFSVフランクフルトを下す

ブンデスリーガ2部第29節初日は4月4日に各地で3試合が行われ、FWのアーレンは本拠でFSVフランクフルトを下し6戦ぶりとなる勝利を飾った。阿部はベンチ入りしなかった。

アーレン 2-1 FSVフランクフルト


この試合の公式データへ

5戦未勝利と不調のアーレンは、順位の並ぶフランクフルトとの一戦で勝ち点3を獲得し、残留確定に近づきたい。しかし前半は30分過ぎまでが完全に試合を支配される展開となる。ところが先制点を奪ったのはアーレン。33分、クラウスからのパスを右サイドで受けたトラウトがドリブルで運び、ゴール前へドンピシャのクロスを上げるとレヒライターが頭で流し込み、1-0とした。ここからも引いて守るアーレンは無失点のまま前半を折り返す。

後半も攻めこむフランクフルトに対し、アーレンは深くポジションを取りカウンターを狙っていくが決定機は作れない。61分にはFWレッキーに左サイド突破を許すと、ゴール前への折り返しをMFロシに決められ同点とされた。しかし85分にレアンドロのクロスをライヒワインが決めて勝ち越し。そのまま逃げ切りに成功すると6試合ぶりの勝利を挙げた。