アウエを下し今季本拠3勝目

ブンデスリーガ2部第28節2日目は3月28日、各地で2試合が行われ、MFが所属するボーフムは本拠でアウエを下し、3試合ぶりの勝利を収めた。田坂は累積警告のため出場停止となった。

ボーフム 1-0 アウエ


この試合の公式データへ

前節を終えて15位、直接降格となる17位、18位とは勝ち点それぞれ4差、7差のボーフムは節を含む残り7試合で、できる限りの勝ち点を稼がなくては残留が危ない状態だ。対戦するアウエは4連敗中と苦手な相手。さらに今節は田坂、CBマルトリッツが累積で出場停止と不利な条件が重なった。試合は序盤からアウエに押される展開となるが、ボーフムは徐々にリズムをつかみ始める。しかしポスト直撃などに阻まれ得点はならず、0-0で後半を迎えた。

後半開始からボーフムは負傷したGKルーテに代わってエッサーがゴールを守る。待望の先制弾が生まれたのは50分。ボーフムFWズクーターパスーがゴール右サイドで相手をかわしながらファーを狙った放ったシュートは、左隅に突き刺さった。この得点で流れを引き寄せたボーフムは、ラッツァのバー直撃シュートなど追加点はならないが惜しい場面が続く。アウエの反撃からリードを守り切ると、3試合ぶりの勝利を挙げた。