69分までプレーの田坂は5枚目イエローで次節出場停止

ブンデスリーガ2部第27節初日は3月25日、各地で5試合が行われ、MFが所属するボーフムは敵地でインゴルシュタットに0-2で敗れた。4-3-3の1列目右で先発し69分までプレーした田坂は、66分に今季5度目の警告を受けたため次節の出場停止が決まった。FWのアーレンは本拠でドレスデンと引き分けた。阿部はベンチ外となった。

インゴルシュタット 3-0 ボーフム


この試合の公式データへ

残留の危機から抜け出したいボーフムは、開始から積極的に攻撃を仕掛けていく。それに対してインゴルシュタットは深い位置で守りを固め、落ち着いた試合運びを見せる。攻めながらもゴールが遠いボーフムは21分、ミスから失点危機を迎えるが、ここはDFファビアンが好守でクリア。どちらも決定機を作れずに進むが、27分にPKを与えてしまう。シュートはGKルーテが防いだものの、こぼれ球を押し込まれて先制点を献上すると、点を返せないまま前半を折り返す。

後半、ボーフムはチュビエロングとユングビルトが下がり、ザヒロビッチとエイヨルフソンがピッチへ。なんとか同点に追いつこうと攻め込むが、そのザヒロビッチが62分、63分と立て続けに警告を受けると退場処分となり、30分以上を残して数的不利の状況に陥る。74分、78分に次々と失点を重ねると、痛い敗戦を喫した。

アーレン 1-1 ドレスデン


この試合の公式データへ

アーレンは開始3分で枠内へのシュート4本を浴びるという苦しい展開を強いられ、序盤から防戦一方となる。いずれもGKフェイジッチがファインセーブで失点を免れ、かろうじて0-0で前半を乗り切った。後半に入ると徐々に攻撃のリズムをつかみ始めるが、79分にケンプに決められ先制される。しかし83分、PKを獲得すると主将レアンドロがきっちりと決めて同点に追いつき、引き分けに持ち込み勝ち点1をもぎ取った。