バイエルン優勝コメント

3月25日のブンデスリーガ第27節初日で、バイエルンは敵地で日本代表MFが所属するヘルタ・ベルリンを下し、クラブ史上24度目(ブンデスリーガ発足後は23度目)の優勝を決めた。以下に試合後のコメントを紹介。

MFバスティアン・シュバインシュタイガー(バイエルン) とても意味があること。優勝するというのは当たり前のことじゃない。去年は2年間優勝できていない状態だったので、どうしても優勝したいというモチベーションがあった。ことしはタイトルを保持しないといけなかった。今季はすごくうまくいった。新しい監督で、こんなにもうまくいくとは思ってなかった。信じられないくらいだ。

MFトニ・クロース(バイエルン) 1つひとつの試合に勝っていくということをしっかりやれた。

MFアリエン・ロッベン(バイエルン) うれしい。素晴らしい記録も更新できて、すごいと思う。

MFマリオ・ゲッツェ(バイエルン) きょう勝ったのは妥当だったと思う。優勝できて夢がかなった。

グアルディオラ監督(バイエルン) 去年3つものタイトルを獲得した後で、今季は非常に難しかった。1試合1試合大変だった。チームをとても誇りに思う。

ルフカイ監督(ヘルタ) バイエルンの優勝にはお祝いを述べたい。

MFペーター・ニーマイヤー(ヘルタ) こんなに早く優勝を決めるなんてすごいチーム。おめでとう。