第26節ハンブルク戦 酒井高は左SBでフル出場

ブンデスリーガ第26節2日目は3月22日、各地で6試合が行われ、日本代表DFのシュトゥットガルトは本拠でハンブルガーSVを1-0で下し、11試合ぶりに勝利を挙げた。酒井高は左SBでフル出場した。

シュトゥットガルト 1-0 ハンブルク


この試合の公式データへ

前節で直接降格圏の17位に順位を落としたシュトゥットガルト。この試合では勝ち点2差で14位のハンブルクに対し順位逆転を狙い、前半序盤から試合を支配する。しかし得点できないまま、徐々に守備に割く時間が増えていった。酒井は左サイドで安定した守備を見せ、攻撃にも積極的に参加。しかし前半は両チーム得点のないまま終了する。

後半は53分、ハンブルクのMFジャルハノーウルに2枚目のイエローカードが出され、退場となる。しかしシュトゥットガルトは数的有利の状況でも、決定的チャンスを作れない時間が続く。それでも粘り強く攻撃を続けると、69分にMFマクシムがついに先制点を奪う。この後、2度の追加点のチャンスでは相手GKアードラーに阻まれるが、堅守で1点リードを守り切り、11戦ぶりの勝利を手にした。


マインツ対バイエルンの試合記事へ
その他4試合の記事へ