フンテラールが2得点

ブンデスリーガ第25節初日は3月14日、日本代表DFが所属するシャルケが敵地でアウクスブルクを2-1で下して連勝した。負傷中の内田は今節も欠場となった。

アウクスブルク 1-2 シャルケ


この試合の公式データへ

勝てば3位浮上の絶好機となるシャルケは、過去の対戦で無敗と得意とするアウクスブルクからきっちりと勝ち点3を獲得したい。しかし前半序盤は試合にうまく入れず、5分に先制点を許す。30分が過ぎた頃からようやく自分たちのリズムをつかみ始めると33分、相手のパスミスからMFボアテングがシュートにいき、このこぼれ球をFWフンテラーが決めて同点となる。この後勢いを増したシャルケだったが、前半は同点で終了する。

後半は序盤からテンポ良く攻撃する。49分、再びフンテラーが左からのパスに合わせて空のゴールにボールを押し込み、この日の2得点目を決める。この後も試合をコントロールしていたシャルケだったが、試合終盤には相手に攻め込まれる場面が増える。相手にシュートやCKを数多く許すもなんとか失点をしのぎ、最後の最後まで相手にチャンスを与えたが逃げ切って白星を手にした。