「シュトゥットガルトは第25節、新監督デビュー戦で勝利する?」

3月15日のブンデスリーガ第25節2日目、日本代表DFが所属するシュトゥットガルトはフープ・ステフェンス新監督のデビュー戦で10試合ぶり白星を目指し、敵地でブレーメンと対戦したが引き分けに終わった。ブンデスリーガ日本語公式サイトではこの試合に先立って、3月10日からユーザー投票を実施した。

投票の質問は「シュトゥットガルトは第25節、新監督デビュー戦で勝利する?」というもの。集計結果は次の通りとなった。

48% はい
52% いいえ

シュトゥットガルトはこの試合、全体的に主導権を握り55分に先制に成功。しかしハーニクのPK失敗、酒井がゴール前の絶好機に枠を外すなど決定機をものにできず、79分にセットプレーから失点を喫し勝ち点3を取りこぼす結果となった。

この一戦での勝利を支持したブンデスリーガ公式サイトのユーザーは48%と、過半数をわずかに下回った。昨年12月以来勝っていないチーム状況から、監督交代後の初戦での勝利は予想しづらいものがあったと考えられる。今節で直接降格となる17位に転落し、完全に追い詰められた状態となったが、試合内容では90分間相手を圧倒しただけに、次節以降での勝ち点3獲得に期待したい。