長沢はベンチ入りも出場機会なし

ブンデスリーガ2部第25節最終日は3月17日に1試合が行われ、MFのケルンが敵地でカイザースラウテルンと対戦し、無得点での引き分けに終わった。長沢はベンチ入りしたが出場機会はなかった。

カイザースラウテルン 0-0 ケルン


この試合の公式データへ

第16節以降首位の座を守り続けるケルンは、2位フュルトとの勝ち点差を広げるためにもこの一戦に勝ち切りたい。前半序盤は激しく攻守の入れ替わる展開となるが、12分にカウンターから一気に攻め込まれると、あわや失点のシーンを迎える。しかし相手FWツォルナーのシュートがわずかにポスト右へ外れ、ピンチを逃れた。28分、FWヘルメスがエリアやや右10mでシュートチャンスも、GKのファインセーブに阻まれる。どちらも得点はできないまま、スコアレスで前半を折り返した。

0-0の後半も、互いにチャンスをつかみながら決定機をものにできないまま試合は進んでいく。しかしなかなかリズムに乗れないケルンは徐々にペースを握られ始め、60分以降は何度もカウンターを浴びるとゴールを脅かされる。相手の決定力不足にも救われゴールは死守するが、反撃の糸口をつかめない。終盤の交代策も実らず、無得点での引き分けとなった。