第23節ドルトムント戦インタビュー

日本代表MFと同MFのニュルンベルクは3月1日に行われたブンデスリーガ第23節2日目ドルトムント戦に0-3で敗れ、3連勝はならなかった。試合後、清武がインタビューに答えた。


――どうでしたか、きょうは。

清武 疲れましたね。

――戦術的には、試合前はどういう話を?

清武 特にないですけど、自分たちのサッカーができればいいなっていう感じでしたけど。

――実際にやってみて。

清武 強かったですけど、まあチャンスがないわけではなかったし。ポゼッションはできてたというか、やらされてたというか。前に入ったらつぶされてやられるっていうシーンが多かったんで。まあでも、そういうところは強かったなと思いますし。残念ですね。

――前半のうちに、最後のあのシュートが入っていれば・・・。

清武 そういうのもありますけど、どうですかね。まあ全体的に良くなかったと思います。

――清武選手自身は。

清武 ボールは触ったと思いますけど、触る位置が低すぎて。前に行けないというか、そういうシーンが多かったので。触ってたというか触らされてたというか、そんな感じでした。

――もらえなかったからどうという感じではなかった?

清武 いや、そうでもないですけど・・・でもまあ、そうですね、縦にボールが入らないし、難しかったです。

――今度は代表戦。

清武 そうですね、切り替えてしっかり準備していきたいと思います。