ニュルンベルクの日本代表MF、右ひざ半月板再手術は成功

ニュルンベルクは3月1日、日本代表MFが約8~10週間離脱することを明らかにした。

長谷部はことし1月中旬、冬季合宿で行われた強化試合の最中に右ひざ半月板を負傷。1月に手術を受けた後はリハビリを行っていたが、痛みが再発したためこの日、日本で再手術を受けた。今後数週間は日本に滞在し、リハビリに専念するという。