第22節ブレーメン戦で右ひざ軟骨損傷

フランクフルトは2月28日、右ひざの軟骨損傷で今季絶望のMF(23)が、手術を受けずに治療するとを明らかにした。

前節ブレーメン戦で負傷したローデはミュンヘンで検査を受け、手術は回避しチームドクターのもとで注射による治療方法を選択することを決断したという。